やまこのよもやま日記

自然大好きなやまこの日常を綴ります

【鳥海山】日帰りで行く象潟口コース

こんにちは!やまこです。
9月の三連休第一弾は、鳥海山に行ってきました!
なだらかな尾根や、鳥海湖、山頂直下の岩場など、
標高2224mに東北の山の魅力が詰まった
充実の登山でしたよ〜

日時:2019年9月15日(日)
天候:晴れ(山頂はガス) メンバー:1人
ルート:S鉾立 09:15 = 10:04賽の河原10:13 〜10:33御浜小屋〜11:20七五三掛11:25〜12:21御室(昼食)13:00〜13:15新山〜14:26七五三掛〜15:09御浜小屋15:36=16:15鉾立G
コースタイム:登り4時間00分 下り3時間00分 計7時間

ルートはこちら

0.東京からのアプローチ

今回一番苦労したのは、アプローチです。
スケジュール上、日帰りピストンにすることは決定していたので、最短で山頂に行って登山口に戻れる鉾立へのアプローチを検討しました。

都心からのアクセスは以下のとおり。(マイカーなしの場合)

A 東京〜(新幹線)〜酒田〜(レンタカー)〜鉾立
B 東京〜(高速バス)〜象潟駅〜(乗合タクシー)〜大平
C 東京〜(高速バス)〜酒田駅〜(レンタカー)〜鉾立

Aは新幹線代(13,500円くらい)がかかる上、前泊しないといけないので却下。

Bは東京駅発、象潟駅着という便利な高速バス「エクスプレス鳥海号」を利用。その後、完全予約制の乗合バス「鳥海ブルーライナー」に乗って、大平にアクセスするという方法。
一番スムーズに登山口にいける方法ですが、バスが満席だったので断念。休日は早めに予約しないと乗れなさそうです...
●エクスプレス鳥海号
https://ugokotsu.co.jp/kosoku/chokai
●鳥海ブルーライナー
http://www.nikaho-kanko.jp/blueliner.html

ということでCの高速バス+レンタカーで象潟口へ。
ちなみにタイムスケジュールはこんな感じ。

前日23:10 池袋駅
  7:05 酒田駅
  8:00 レンタカー借りる
  9:00 鉾立山荘着

じつに10時間近くかけて登山口に到着!
9:00登山開始というスロースタートで
日没(18:00頃)までのタイムアタック登山となりました。

写真でルート状況を紹介します。

1.象潟口登山口〜御浜小屋

登山口から御浜小屋までは石畳が敷かれるなど、
比較的整備されていて歩きやすいです。

道路から見た登山口

ここで登山届を提出します

TDKの保養所?である東雲荘(とううんそう)。一般向けにも解放されているそう

登山口からすぐの展望台

秋田方面・にかほ市内が一望できます

その反対側は、素晴らしい風景が。これから登る稜線に圧倒されます

賽の河原

賽の河原から見たルート。壮観です

エゾオヤマリンドウ?が咲いていました

御浜小屋の手前は草原帯が広がります

大平と鉾立への分岐

2.御浜小屋〜御室

山頂直下までは、多少のアップダウンはあるものの
ゆるい傾斜が続きます。

御浜小屋に到着!

トイレもあります

御浜小屋北斜面

御浜小屋南斜面には、鳥海湖が

御浜小屋から見た扇子森、新山へと続く稜線

扇子森から御田ヶ原分岐への道は石畳で整備されています

御田ヶ原(おだがはら)分岐

七五三掛(しめかけ)

千蛇谷には雪渓が

千蛇谷から御室直下の登りがしんどかったです

御室到着!みなさんここで休憩されていました

ランチはカレーヌードル。

3.御室〜新山〜下山

御室から新山までは、完全な岩場です。
コースタイムでは15分ほどですが、
気を引き締めて登ります。

目印を辿って...

切り通しがあります

新山山頂到着!山頂は狭いので、休憩できるようなスペースはありませんでした

山頂から見下ろすとこんな感じ。高度感あります

文殊岳から見た鳥海山。山頂から降りるとなぜかガスがとれるのね...

4.注意点・危険箇所など

今回は日帰り登山というスタイルで登りましたが、
登山口までのアプローチ時間を考えると、
日没まで9時間しかなく、
余裕のないスケジュールになってしまいました。

時間があるなら、のんびりと山小屋で1泊する計画にするか
登山口近くで前泊することをおすすめします。

まとめ
●危険箇所:
・七五三掛から千蛇谷へ降りる場所の雪渓(万年雪)
・御室〜新山の岩場
●アクセス:高速バス+車or乗合タクシー
●駐車場:鉾立山荘 駐車場(無料、150台)
●トイレ:鉾立山荘・御浜小屋
●登山届け:鉾立にあり